| カテゴリトップニュース

ボージョレ・ヌーボー

ボージョレ・ヌーボーの季節になってきました

ボージョレ・ヌーボーはフランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯、ボージョレで生産される赤ワインの、その年の11月に出荷される新酒のことで、日本は時差の関係から、世界の先進国の中で最も早く解禁の時を迎えることで、お祭り騒ぎになりますね。

「ボージョレ」と名乗ることのできるワインは、赤ワインであればガメ(又はガメイ、gamay)種、白ワインであればシャルドネ (chardonnay) 種を使用したものに限られ、これらは法律によって定められているとのこと。しかし、白ワインのボジョレーは話には聞きますが、見たことないです。

予約されるなら

posted by Emiko at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップニュース

| カテゴリWine について

ワインの注ぎ方

ワインの注ぎ方についてよくお問い合わせいただきます。

ワインの注ぎ方は乱暴に注がず、静かに注ぐだけなので、
特にコツがあるわけではありません。

実は、コツはその前にあるのです。

前にも記事にしましたが、ワインは(特に高級になればなるほど)飲み頃があります。

それは、ヴィンテージとか年代とかは別のことです。

重要なのはボトルを開けてから飲むまでの時間なのです

ほとんどの日本人がなぜか知らないのはこのことです。続きを読む
posted by Emiko at 13:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | Wine について

| カテゴリ白ワインの種類

夏には 泡ワイン

シャンパンとスパークリングワインの違いはなんでしょう。
 
“シャンパン”とはフランスの一地方名シャンパーニュを外国語である英語読みしたものです。

シャブリとかボージョレなどと同じように、シャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインを指します。

あまりにも有名なので、泡のある“発泡酒”をいつの間にか“シャンパン”と呼ぶようになってしまったのです。

有名な産地名が一般名詞になってしまった例ですね。

フランスではシャンパーニュ地方以外で造られるスパークリングワインは“ヴァン・ムスー(泡ワイン)”と呼んでいます。スパークリングワインは勿論英語読みです。

そして、夏だからでしょうかその泡ワインが大人気だそうです。

大人気の泡ワインを見てみる続きを読む
posted by Emiko at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白ワインの種類

| カテゴリトップニュース

スパークリングワイン 999円

完全出血大サービスのお知らせ

お1人様1本限り!完全赤字の999円送料無料!
争奪戦スタート!人気の泡が、なんと衝撃の1本999円送料無料!もちろん同梱もOKです!



一緒に他のワインを頼んでも、11本まで送料無料だそうですので、
よく考えて組み合わせればかなりお得ですね。


posted by Emiko at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップニュース

| カテゴリトップニュース

あのDHCが白ワインを輸入?

化粧品やサプリメントで有名なDHCがスペインワインの輸入?

このブログを知ってか、知らずか、『ぜひお知らせください』と来ました。

自信たっぷりのようですので、ご紹介。

「DHCが輸入するワインは他では手に入らない品揃え。ぜひ暑い夏に
スッキリおいしい辛口白ワインをお試し下さい!

リアス・バイシャス  グンディアン2004」 

DHCは昔翻訳業者だったのに、えらい変わりようですね。


iconicon
DHC独占輸入!スペイン辛口白ワインicon
posted by Emiko at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップニュース

| カテゴリWine を楽しむ

夏を楽しむ白ワイン

ソムリエの方から、価格2000円以下で、、そこそこのスーパーでも、購入できて、夏に合うワインを教えていただきました。

フランスですと、ミュスカデ(Muscadet)、サンセール(Sancerre)、マコン(Macon)、シャブリ(Chablis)

そうです。みんな白ワインですね。

理由は酸味が強く、暑い夏にはさわやかに感じる、そして辛口だそうです。

そして、比較的若いワインがいいでしょうとのこと。

自分で楽しむ、お中元で送るときの参考にしてみてください。

夏に合うワインを楽天で探すにはここをクリックしてみてください


posted by Emiko at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Wine を楽しむ

| カテゴリワインを彩る小物たち

ワイングッズコレクション

ワインの楽しみは、ワインを飲むだけではありませんよね。

フランス人は
『イギリス人はワインのおいしさを知っている。  しかし、

フランス人はワインと食事を楽しむことを知っている。』

といって、ワインは食事と楽しむものと主張しています。


ワイン好きの日本人は「ワインと食事と小物を楽しむことを知っている。」

と主張しましょうか。

新しいブログを作りました。ワイングッズ コレクション

http://www.winegoods.enjoylohas.net/wg/

普段、脇役のワイングッズを集めています。良かったら覗いてみてください。

| カテゴリトップニュース

世界一の白ワインメーカー、ルフレーヴさん

英国で最も権威のあるデカンター誌が世界の白ワインメーカーのトップ10を選び、1位にはブルゴーニュのアンヌ・クロード・ルフレーヴさんが選ばれた。

 2006年7月号の特集記事で、ワイン評論家、ソムリエ、ワイン生産者の意見をまとめて選出した。フランスとドイツのビオディナミの生産者が多く、オーストラリアからも2人が選ばれた。トップのアンヌ・クロード・ルフレーヴさんは、ピュリニー・モンラッシェ村で、モンラッシェなど至高のシャルドネを生産するビオディナミの造り手。

 2位も同じくブルゴーニュ・ムルソーでドメーヌ・デ・コント・ラフォンを営むドミニク・ラフォン氏、3位はドイツ・ザールのエゴン・ミューラー氏、4位も同じくドイツ・モーゼルのドクター・ローゼン醸造所のエルンスト・ローゼン氏、5位はムルソーのドメーヌ・コシュデリのジャン・フランソワ・コシュデリ氏。

 6位にはオーストラリア・クレアヴァレーからグロセット・ワインズのジェフェリー・グロセット氏、7位にフランス・ロワールから唯一選ばれたのは、プイィ・フュメを手がけるディディエ・ダギュノー氏。8、9位にはアルザスから、それぞれツィント・ウンブレヒトのオリヴィエ・ウンブレヒト氏、トリンバックのピエール・トリンバック氏が。10位には同着でモーゼルのJJプリュムのマンフレッド・プリュム博士、オーストラリア・ヴィクトリア州でジャコンダを営むリック・キンツブラナー氏が入った。

(2006年6月19日 読売新聞より)

やはり、ブルゴーニュ白ワインは強いですね。続きを読む
posted by Emiko at 15:14 | Comment(1) | TrackBack(4) | トップニュース

| カテゴリワイン雑学

ワインは聴力老化防止?

適度な赤ワインの飲酒は老化に伴う聴力の低下を予防する効果があると、英国の科学誌「ニュー・サイエンティスト」が伝えた。

 米国ミシガン大の研究者が発表した。赤ワインに含まれるポリフェノールなどの抗酸化性成分が、聴力にかかわる内耳の繊細な毛の保護に役立ち、

老化による聴力低下や大音量による難聴の予防に役立つ。アスピリンや緑野菜にも同様の効果があるという。

(2006年5月31日 読売新聞)

前にもお伝えしましたが、ワインの健康に対する効用は次々と見つかっています。

ワインのファイトケミカル(植物由来の成分)、ポリフェノールがその効果の要因とされています。続きを読む
posted by Emiko at 16:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | ワイン雑学

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。